子どもの社会参画事業部門

子どもの社会参画とは、18歳未満の子どもたちが主体的に社会との関わりを持ち、
より良い社会をおとなと共につくっていくことです。
こどもNPOでは、地域社会とつながった学び場づくりや、子どもたちが自分たちの意見を
社会に発信する活動など、対象者の年齢や発達段階に応じて多様な事業展開をしています。
18歳以上のユースはサポーターとなって活動に関わることができます。

もうひとつのがっこう
子どもとつくる くらし☆あそび☆まなびの場 Roots

2014年12月「子どもとつくる くらし☆あそ び☆まなびの場 Roots」がスタートしました。
公教育と並ぶ、オルタナティブスクールを目指して活動しています。Rootsでは、自分で決めること(自己決定)、やってみたいことをやること(自己実現)、共に考え、共に生きること(共生)を大切にしています。
地域のモノ・コト・人との出会い、生きた教材から学びが得られるようにつながりを育みます。子どもの主体的な学びに関心を持つ方や、地域で学校に行っていない子どもを持つ保護者の方々にお勧めです。
子どもの学びを一緒につくりませんか?

RootsFB  RootsBlog

Roots発 子ども参画事業

子どもとつくる くらし☆あそび☆まなびの場Rootsでは、通っている子どもたちが地域の子どもたちと交流し、共に遊び学べる取り組みを企画します。
子どもの視点で、子どもならではの、おもしろい!おいしい!たのしい!企画を発信します!ぜひ参加してね!そして一緒に企画しよう!

子ども・若者委員会プロジェクト(Teens’ Cafe)

子どもや若者が理想とする社会をつくっていくためのプロジェクトです。
「こんな社会になったらいいな」というみんなの想いを共有し、関心のある社会問題(政治・環境・教育・人権など)について調査したり学んだりしながら、解決するためのアクションを起こしま す。主な対象は中高生ですが、18 歳以上の若者 も参加することができます。