子育ち・子育て支援事業部門

複雑化した社会の中で子育ては孤立し、ストレスや悩みを抱えやすくなっています。
ひとりで子育てしないでいいように、みんなで子育てできるコミュニティとネットワークづくりを目指します。社会全体で子育て家庭を支えることは、子育てがより楽しく、豊かなものになり、子どもが本来持っている「自ら育つ力=子育ち」を支えることにつながります。地域のつながりを大切に、共に考え、楽しみ、学び合いながら子どもも親も育ち合うネットワークづくりを目指します。

冒険あそび場 サバンナプレーパーク なるこプレーパーク みずひろプレーパーク

~緑区子育て支援ネットワーク連絡会「子どもが育つ地域のつながりづくり」コーディネート事業~

子どもをはじめ、地域住民、子育ての当事者、地域の多様な主体(学区連協・子育て支援団体や支援者、NPO、学校など)と協働し、子育てしやすい地域づくりと子どもたちが豊かに育つ地域づくりを目指す「緑区子育て支援ネットワーク連絡会」の事業をコーディネートしています。
2019年度は大高南学区、鳴子学区の2か所に加え、鳴海東部学区で冒険遊び場プレーパークづくりを推進しています。

住友理工(株)・池田町・こどもNPO協働事業

~シングルの家庭に贈る 安曇野・住友理工の森ふれあい旅~

住友理工(株)と池田町との協働。
ひとり親家庭を対象に安曇野の豊かな自然の中で、地元池田町のみなさんと交流し、親子ともにリフレッシュする事業です。

2018年10月1日、名古屋市緑区徳重にて主に3歳未満のお子さんとその保護者の方を対象とした名古屋市地域子育て支援拠点森の実を開設いたします。
子どもが子どもらしく過ごし、やってみたい遊びや気を自分で決めてみることができる。
見守る大人は、子育ての知恵やヒントを地域の人たちと見つけあいながらともに過ごすことができる。
そんな時間を大切にしていきます。

楽天の買い物でこどもNPOを応援する

gooddoのサイトへ行く